消火設備

どんな建物にも必ず必要な消火設備。
人々の安全はもちろん、大切な資産を守るためにも、重要な設備です。

当方では、新築工事の際の消火設備工事をメインに対応しております。
法的な部分はもちろん、建物の規模や用途に合わせて最適な消火設備工事をご提案いたしますので、ぜひお気軽にご相談ください。
ご相談・お見積りは無料で対応いたします!

 

□ 消火設備の一例

● スプリンクラー設備

室内の天井部分に、ヘッドと呼ばれる放水口を一定間隔で設置します。
火災が発生した際、自動的にスプリンクラーヘッドで感知放水し、消火を行いますので、ショッピングモールや百貨店、オフィスといった建築物の施工もお任せください。

● 泡消火設備

水と消火薬剤が混合した水溶液を空気を含ませて散布することで、燃焼面を覆われ、冷却効果で消火されるという仕組みの設備です。
燃焼物を覆い、空気を完全に遮断することで「窒息消火」されるため、窒息と冷却の相乗効果により、消火できます。

● 屋内消火栓設備

屋内消火栓設備とは、消火器では消火できない規模の火災が発生した際に必要な設備です。
放水量や有効射程が広いことが特徴で、ポンプ起動押しボタンや、自動火災報知設備の発信機を押すもの、延長操作できるホースが入っており、自動起動するタイプなどがあります。

● 屋外消火栓設備

屋外消火栓設備は、建物の周囲に設置される消火設備のことで、屋外消火栓設備は、屋内消火栓設備と同じく、人が操作して使用します。
比較的低い高さの1階・2階などで火災が発生した際に、外部から放水することで延焼を防げるように設置されます。

● 連結送水管

連結送水管は、“消火活動において必要な設備”の一つです。
消防隊が消火活動を行う際に、火災が発生した場所まで、消火用の水を送水するために設置されています。
各階にある放水口にホースを接続することで、高層建築物や地下街などでも消火活動を行うことができます。

● 移動式粉末消火設備

コンパクトで場所をとらない設計や、扱いやすいところが特徴の移動式粉末消火設備。
特に駐車場に適しており、屋内・屋外の駐車場はもちろん、整備工場や飛行機格納庫などでも使用されている設備です。

 

一覧ページに戻る